腰痛マットレスを使って腰の痛みを緩和させるブログ

腰痛対策にはどのマットレスがいい?

生活スタイルも欧米化が進み、就寝時にベットを使用する方が多くなりました。しかし、現在でも畳や床に敷布団で就寝されている方は、非常に多い筈です。畳や床生活において、慢性的な腰痛に悩まされている方は少なくはありません。整形外科や整体院に行くと多くの腰痛患者がいます。敷布団には必ずマットレスを使用すると思います。腰痛対策用のマットレスを使用しているにも関わらず腰痛に悩まされたりします。原因は、腰痛対策用のマットレスを選ぶ際に低反発または高反発のどちらが自分に合うのか分からず、間違ったマットレスを購入しているかもしれません。今回、低反発マットレスと高反発マットレスの特徴とどんな人に合うのかを説明したいと思います。
多くの方が、マットレスを購入する際に重視するのはやはり価格と素材です。正直、低反発にしろ高反発にしろ安いマットレスは腰痛の原因となります。価格はそこそこのものを選び、品質保証が重視されているマットレスがオススメです。へたり保証などあったら良いと思います。
先ず、低反発マットレスについて説明致します。基本的には、ウレタン素材が使用されており、ウレタン自体の密度を調整し、反発性を調整しています。そのため、マットレスに横たわった際にゆっくりと沈み込んでいきます。また、低反発マットレスは、荷重の少ない部分はあまり凹まないため、就寝時に自分の寝姿にフィットすることになります。しかし、低反発マットレスは、へたりやすく、重い荷重に弱いといった特徴があります。素材が柔らかいため、耐久性が低く、長期間使用すると一番荷重の掛かっている場所が薄くなります。そのため、マットレスの上でも固い床や畳に接しているのと変わらなくなります。また、重い荷重が加わっても、同じ現象が発生します。
低反発マットレスがオススメな人は、小柄な人または体重の軽い人になります。体重が軽ければ、耐久性も延び、マットレス自体のへこみ具合により、腰痛になる可能性は減少します。
次に高反発マットレスですが、こちらは低反発マットレスに対し、マットレス内部のウレタンや綿、スポンジなどがギッチリ詰まっています。そのため重い荷重に強いといった特性があります。つまり、体格の良い人や体重の重い人には高反発マットレスがオススメとなります。荷重が一点集中しても沈み難くなれば、就寝時に一番荷重の掛かる腰位置が沈まず、腰痛になり難いと考えます。逆に小柄な人や体重の軽い人には、反発力が強く、マットレスが硬く感じるので腰痛になりえます。